ホリエモンがN国党の公認候補で出馬!?

ホリエモンこと堀江貴文氏がNHKから国民を守る党から出馬宣言?

NHKから国民を守る党の立花孝志氏が自身のyoutubeで,【緊急対談】ホリエモンさんがN国党の公認候補者に決定!という題名で10/1日に動画をアップしています。

ちなみに,関連動画含めて見ましたが10/2日1時現在正式にホリエモンがN国党から出馬をするという事実は確認できませんでした。とはいえ,今後の動向次第では十分出馬の可能性があると思います。

全体の内容は立花氏のyoutubeを直接ご覧になっていただければいいと思います。
動画は15分と長いので本丸に触れている部分について,動画の内容を抜粋させていただきます。

動画の6:28より
立花氏:(次回以降の衆議院選挙に向けて)それはもう堀江さんが立候補してくれれば,でもね, これは僕ね本当に堀江さんが東京選挙区かどこでもいいですけど,東京ブロックで出る(出馬)じゃないですが,11ブロックあるので,そうすると間違いなく(票の)底上げになるんですよ。全国の。で,もう俺(堀江さん)は絶対当選してもちょっとしかやらない,はっきり言ってしまうんですよ。それは自分が議員をやったら仕事ができない,部下に指示ができない。でもいわゆる堀江貴文のちゃんと送り込んでいる人間が俺の支持を得てちゃんと国会議員として仕事をするからみなさんよろしくと言えば,もう今撮影してくれているサイトウ君とかの(当選の)可能性ともぐっとあがる。それを言いたくて今日(大嫌いなゴルフに)来たんですよ。()内は動画の全体の流れから意味を私が追記

党勢の拡大を狙いたい立花氏としては,堀江さんが本当に立候補してくれれば一番ですが,堀江さんはロケットや和牛などの事業に忙しい身。さすがに自身が国会議員になるのは難しいということも考慮の上,国会議員になったとしてもすぐに辞めるという前提で立候補してもらうということもありますよということです。堀江さん自身が国会議員にならなくとも立候補さえしてくれればN国党に票が入るので,比例でその他のN国党の候補者が当選,党勢の拡大につながるというわけです。

これに対して,堀江さんも「ほぉ~」とか「頭いいですね」とポジティブな反応を返しています。この動画内ではN国党から立候補するとは名言していませんでしたが,今後の動向次第では可能性はありそうな感じです。

NHKから国民を守る党の立花氏のyoutubeは色々と勉強になる

今回このような意味深な動画を上げた背景にはyoutubeを通じてもっと国民全体にN国党のことを知ってもらいたいという立花氏の思惑が見て取れます。立花氏は最近メンタリストのDaiGoさんやホリエモンや高須委員長と積極的に絡んでいますが全て計算の上です。今回の動画や別の動画でも発言していますが,「悪名は無名に勝る」と言っています。マツコ・デラックスに絡んだり,NHKの集金人を私人逮捕した動画を上げたりと見る人によっては嫌悪感を抱きかねないようなことをしていますが,これも全てN国党のことをできるだけ多くの人に知ってもらいたいがための計算されつくした行動です。

テレビや新聞,週刊誌の切り取られた部分だけを見ると見る人によっては立花氏は頭おかしな人のように映りかねませんが,彼のyoutubeの動画を見るととても頭がよく,全ての行動が計算尽くされた上でのことだということが容易に読み取れます。

立花さんは自称もともと気が弱い人だそうでそのために,色々法律などを学んで今のような強気スタイルを勝ち取ることができたそうです。そういう意味でもパワハラなんかに日々悩まされている私のような気の弱い人間にとって彼の方法論は非常に参考になります。
立花氏の政治的なことへの賛否はともかく立花氏のyoutubeは非常に参考になるのでおすすめです。

加えて,ブロガー、youtuberにとっては炎上商法や今回の動画のようにある意味釣りのようなタイトルのつけ方なども参考になります。ぜひあまり食わず嫌いをせずに一回youtubeを見てみるといいと思います。

スポンサーリンク

↓ついでにブログ村のバナーもクリックいただけるともっとモチベーションアップにつながります^^
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 楽天ファン より:

    NHKに個人的に恨みがある楽天ファンと申します。
    恨みがあるゆえにN国党立花氏のYouTubeにたどり着き、今では彼の戦略に感心させられています。そしてその戦略を活かす行動力も素晴らしいものですね。既得権益側からの妨害は多そうですが、少しずつで良いので方針変えずに頑張ってほしいと思っています。

    良い記事でしたので、応援クリックしました!