異動活動体験記①~異動希望提出まで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

異動活動体験記①

私は2020年までに現在よりも低ストレスの会社への転職(広義には異動)を目指しています。実際には2019年中くらいには転職(異動)を実現できるのを目標にしており,すでに具体的に活動を始めています。

転職に関しては有望な会社が1社あり受験したのですが,残念ながら不合格でした。

転職活動体験記④~二次面接編~

現在、他に有望な転職先がないので,今は社内での異動をめざしています。異動先の部署としては法律、規則関連の部署を希望しています。法律、規則関連の部署を希望しているのは今の仕事とも関わりがあるということと,潰しがきくため将来的に同業他社へ転職しようと思った時に有利だと思ったからです。

禁断のカード異動希望を提出

とりあえず先日上長とのキャリアプラン面談があったので異動希望を出しました。
社畜のみなさんなら多かれ少なかれ分かると思いますが,異動希望=現制度への宣戦布告を意味するのでかなりドキドキしたのですがあっさり受理されました。今のところ特に怒られていません。怒られたら怒られたでブログのネタにするだけなのでいいですが,余計なフラストレーションを浴びずに済んでいるのはうれしい限りです。

この異動体験記、シリーズがいくつまでになるかは不明ですが,会社で異動希望出したいけどまわりの目が怖いという人の参考に少しでもなればという思いで書きます。とりあえず今のところ特に身辺に変化はありません。
弊社畜では異動希望の際に希望する部署と異動希望レベルを書くのですが,最も異動したい度が高いレベルで出してみました。

一説によると最高レベルの希望で出した場合,強制的に全経営職層が見ることができる異動者一覧にプールされて条件に合致した上長は引き抜くことができるということを聞いています。(詳細はベールにつつまれており不明です)

ですので案外このまま異動が通るかもしれません。異動希望先の上長とは親しくしているので既にそちらには話は通してあります。

異動のメリットデメリット

今の部署から異動するメリット、デメリットは以下の通りです。
メリット
・完全に馬が合わない現在の上長から離れられる
・新しい部署は法・規則関係の部署のためつぶしがきくので転職しやすい
・社内発表をする機会が少ないのでコミュ症には助かる

デメリット
・今の部署と比べると出世しづらい
・社外の人とのやりとりもするのでコミュ症としては不安がある

まぁ,異動したからと言ってすべて幸せ!解決!と言う風にはならないと思います。それは転職も一緒だと思います。隣の芝生は青いです。

何か進捗があったらその都度記事にしていきたいと思っています。

↓フォローを押してつまらなかったら解除していいです。(4秒くらいへこみます)

↓米国株ブログ100位~150位の低位層を見たい人はこちらをクリック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする