チェロに向いている性格とは?楽器初心者にチェロをおすすめしない理由2つ

チェロはかっこいいけど演奏が難しい楽器です【ポジション移動】

このブログでは認知症対策にもなるし,ストレス解消にもなるので楽器演奏をおすすめしています。特に初心者でも気軽に始められるし,コミュニティーの増大にもつながる市民オーケストラへの参加を一つの具体的な音楽の始め方として紹介しています。

私はビオラという楽器をしているのですが,やはり弦楽器で人気があるのはチェロでしょう。見た目にもかっこいいし,弾いている姿も様になります。有名な曲も多いのでyoutubeなどで見て憧れる人も多いと思いますし気持ちはよく分かります。

こちらの記事で各楽器の人の性格についてまとめています。チェロは目立ちたがり屋,いい意味で自分が好きな人が向いていると思います。少しナルシストの気がある人多い気がします。

ただ,個人的にはチェロは初心者にはあまりお勧めしません。というのもポジション移動という初心者がかなり苦戦する奏法のマスターが必須なのと楽器が効果で挫折した場合の金銭的ダメージが大きいからです。

初心者にチェロをあまりお勧めしない理由①ポジション移動が多い

チェロはただ音階を弾くだけでもポジション移動という奏法のマスターが必須です。バイオリンやビオラはある程度の音域のところまではこのポジション移動をしなくても弾くことが可能で,曲を弾きながら段階的に練習することが可能です。

ポジション移動について詳しく知りたい人は下記動画を参考にしていただきたいと思いますが,音程を取る左手の位置を大きく変える奏法になります。全ての弦楽器でこのポジション移動というのはあるのですが,先述の通りチェロはただの音階(ドレミファソラシド)をするだけでもポジション移動が必須になります。バイオリンやビオラはポジション移動しなくても弾く弦を変えるだけである程度の音域は演奏が可能です。

このポジション移動ですが,動画ではいとも簡単にやっているように見えますが,ミリ単位の正確性で移動しないと正しい音程にならないので初心者が素早くポジション移動できるようになるのは至難の業です。私はビオラを始めて6年になりますが,正直一番基本的なポジション移動であるサードポジションへの移動ですらたまにうまくできません。

最低限の音階が出来ないとほとんどの曲が演奏不可能なので,初心者でこれからチェロを始めようと思う人は必死にポジション移動を練習する羽目になる覚悟を持ってください。

初心者にチェロをあまりお勧めしない理由②楽器の値段が高い

バイオリンやビオラであれば20万円も出せばそれなりのクオリティの楽器を買うことが出来ますが,チェロだと同じクオリティでも50万円~70万円します。これは,単純に楽器が大きいので,材料代がかかることと加工に手間がかかることに起因します。ネットでは30万円くらいのもあるみたいですが,こういうのは音が貧相なので特段信用できる人の紹介がある場合を別としてちゃんとした楽器屋さんで買ったほうがいいです。

とはいえ自分がやりたいと思った楽器をやればいいと思います

ここまで言っておいてなんですが,最終的には自分がやりたいと思った楽器をすればいいと思います。このページをここまで見てくれている人は恐らくチェロに興味があるけどできるのか不安で色々情報を集めている最中かと思います。もし,チェロがどうしてもやりたいのであればその気持ちは尊重すべきです。私も最初コントラバスを勧められましたが,反抗してビオラをやっています。理由は何となく自分に合っていそうだと思ったからです。クラシック音楽もほとんど知らない状態で始めたのでほんとうに理由は何となくです。あの時ビオラを選択したことは全く公開していません。まだ初めて6年ですが,中国に演奏に行ったり,市の企画するプロのバレエ演奏のBGMをやらせていただいたりという機会を貰っています。もし特段の理由がなくてもチェロがいいなーと思うのであればお金をが多少かかろうが,ポジション移動が大変であろうがチェロをしてみることを応援します。

安倍総理は生涯現役社会を明言されました。一生働き続けるのは絶対に嫌なのでその時のことは以前記事にさせていただいています。 ...
クラシックがあんまり普及しない一因はお金が儲からないから このブログでは投資とともにクラシック音楽の普及も目指しています。ロックやポップス...

↓ついでにブログ村のバナーもクリックいただけるともっとモチベーションアップにつながります^^
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓Betmobは投資記事に特化したまとめサイトになります。こちらも応援クリックお願いします。

関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする