【オーケストラ】性格別適性楽器診断

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーケストラにはいろいろな楽器があります。おもしろいことに,楽器ごとに性格が分かれており見ていて楽しいです。私はたまたま自分の性格に合っている楽器(ビオラ)に出会えましたが,これから楽器を始めたいけどどの楽器がいいのか悩まれている方の参考になればと思いまして,楽器別性格をまとめました。

初心者の場合弦楽器がおすすめ

楽器は大別すると3種類に分かれます。弦楽器・木管楽器・金管楽器です。この中で私が初心者にオススメするのは弦楽器です。もちろん楽器に優劣などないのですが,木管楽器(フルート・オーボエ等)や金管楽器(トランペット・ホルン等)はそもそも必要とされる人数が比較的少なく,競争がし烈であること、パートの人数が少ないので,初心者が悪目立ちしてしまうのでどうしても初心者には参入障壁が高めです。

再度言いますが,楽器としてはどれも素晴らしくご自身の興味のある楽器をするのが一番ですが,木管・金管楽器を選ばれた場合,相応の努力をしないとオーケストラで演奏する上では困難というのは覚えておいていいかと思います。(他にも打楽器やハープがありますが,特殊なためここでは言及しません。)

弦楽器の楽器別性格診断

バイオリンに向いている性格の人

・やっぱりやるならメロディーを弾きたい人

・自分が率先して集団を引っ張りたいリーダータイプ

・指揮者に細かいことを指示されても頑張れるメンタルの人

バイオリンには1st(ファースト)バイオリンと2nd(セカンド)バイオリンがいます。1stバイオリンと言うのは主にメロディーを担当するパートで2ndバイオリンと言うのはメロディーも弾きつつ,リズム系の仕事もこなす人たちです。

弦楽器の中では一番の高音を担当するため,どうしても目立つことが多いパートです。そのため,よく指揮者の方から細かい指示を受けることが多い傾向にあります。自分に自信があって,人についていくよりは自分についてきてほしい人、人からのアドバイスをもらってレベルアップを図るのが好きなタイプの人はバイオリンが向いているでしょう。

ビオラに向いている性格の人

・人と違うことをするのが好き

・周りを観察して合わせるのが好き

・穏やかな性格の人

ビオラという楽器は圧倒的に認知度が低いとおもいます。形はバイオリンと同じで大きさが若干異なります。バイオリンよりも少し低音を担当する楽器です。ビオラはメロディーを弾くことはほぼありません。(弾いても5度下とか)変わりにどのパートとも違うような音型やリズムを弾きます。周りと違うことを堂々とできるのは快感です。天邪鬼タイプの人は向いていると思います(実際変わった人が多いと言われます。)かくいう私も他の楽器と違うことしてる時が一番やってて楽しいです。一方で,バイオリンとチェロの板挟み状態にあうことも多く(主張が激しい彼らがずれた場合どっちに合わせればいいのかわからなくなる),周りを聞いたり状況を把握する能力,他のパートがずれていても怒らない寛容さが求められます。

チェロに向いている性格の人

・おれおれな人

・魅せることができる人

・目立ちたがりな人

チェロは楽器も目立つし,観客に向かって正面に座ることが多いです。また,バイオリン並みにメロディラインを担当することも多いです。さらに,音域はほどよく低く,いわゆる「聴かせるメロディ」を担当することが多いです。どうしても目立つチェロなので,目立つことが好きな人や表情などの感情を表現できる人が向いています。ちょっと語弊のある言い方をすると「自分が好きな人」が向いている楽器といえると思います。

コントラバスに向いている性格の人

・体格のいい人

・とにかく低い音が好き

・メロディはいっさいいらない

私も最初はコントラバスを勧められました。なぜならでかいからです笑。(私は身長が190cmあります。)別に小柄な人だと弾けないということはないのですが,やはりコントラバスを弾いている人は体格がいい人が多い気がします。そんなコントラバスですが,とにかく腹に響く低音が魅力の楽器です。メロディを担当することはほとんどないですが,低温で響く音で皆を引っ張りたい!といったような兄貴肌の人が多い気がします

「言葉ではなく背中で語る!」

みたいな感じの人はコントラバスに向いているかもしれません。(といってもいつもキャッキャいってる女の子もいるので千差万別です。)

まとめ

初心者が特にオーケストラで楽器を始める際,弦楽器がおすすめです。弦楽器別の性格別に向いている楽器についてまとめてみました。楽器は高価ですし,一度買ったら基本的にほかの楽器に乗り換えるのはあまり好ましくありません。(掛け持ちで演奏している人もいますが)

そのため少しでも迷っているなら周りの人から楽器を借りて弾いてみることをおすすめします。また,大体のアマチュアオーケストラでしたら見学をすることが可能ですので事前に見学してみるのもおすすめします。私が最終的にビオラをすることに決めたのは見学に行った際にビオラパートの人が「なんとなく自分に向いている」と感じたためです。

(その感覚は今でも正しかったと思っています。)

楽器を始める際のご参考になれば幸いです!

楽器初心者がオーケストラに入団するための具体的な方法についての記事です↓

初心者にはハードルが高いオケ入団 このブログではオーケストラの魅力についての記事をちょこちょこと書いています。株式...

オーケストラの魅力について書いた記事になります。よかったらどうぞ。

初心者がオーケストラで楽器を始めるにあたりオススメの楽器についてまとめたいと思います。ちなみにずばり初心者にオス...
趣味でオーケストラをするだけなら大してお金はかからない オーケストラ=お金がかかるという図式は多くの人が思い浮かべるか...

↓クリックいただけると大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする