社会人の副業は時間がなくてきついのか?

時間がない社会人でもすきま時間で副業は可能

NTTデータやアサヒビール等の大手企業でも副業が解禁されつつあります。そもそも,副業禁止規定のある企業であっても憲法で職業選択の自由が保障されているので副業を禁止していること自体にそこまで法的拘束性はないと言われています。判例を見てみると,勤務時間内に副業していたり,本業の設備や情報を使っていたりする場合解雇が認められることもあるようですが,極めて異例といってよく,少なくともこのブログのように空き時間でやっていて趣味の域を出ない場合そもそも副業ですらないでしょう。(ただ面倒くさいのであまりおおっぴらにしないほうがいいですが)

手取り給料が年々目減りする昨今,本業だけでなく新たに収入の柱となる可能性のあることを育てるのは大事だと思います。しかしながら,副業には興味はあるものの,そもそも副業をしている時間がないという人も多いと思います。そういう方はスキマ時間を見つけてその時間に副業すればいいと思います。

スキマ時間①昼休み

例えば私はこのブログを基本的に会社の昼休みに携帯で書いています。さっさとご飯を食べて,携帯でせっせと書いています。携帯で大体の文章を書いたのちに,自宅のPCに送って家に帰ってから清書しています。昼休みはどこの企業も大抵1時間くらいはあると思います。1時間集中したら慣れもありますが,1記事ないし2記事書くことは可能です。(毎日更新できていないのですが)

一方,普通のサラリーマンが昼休みに何をしているかというと,大抵社員食堂や近所の食べ物屋さんに同期と連れ立って食事をしに行っています。もちろん,同期との会話が何よりも大好きでよい息抜きになっているのでしたらそれもいいと思います。私は同期とはいつも仕事で毎日会うし,そんなに話題もないし別に毎日昼ご飯を一緒に食べなくてもいいかなと思います。たまにある飲み会で話せれば十分です。話すことといっても話題がないので大抵仕事の愚痴かゴシップ,人事異動の話題です。あまり興味がない話をするくらいだったら副業したほうがよっぽど自分のためになると思っています。

スキマ時間②通勤時間

通勤時間も立派な副業できる時間です。アットホームが首都圏を対象にして行った調査では通勤時間の平均は59分という結果でした。往復で約2時間です。2時間あればなんでもできます。毎日の2時間をただ携帯のゲームをして過ごすか,ブログ執筆などの副業をするかは数年後大きな違いが生まれるでしょう。今は電車通勤ではなく車通勤なのでさすがにその時間にブログ書くことはできませんが,趣味のオーケストラで次やる曲を聴いたりしてスキマ時間を有効に使うよう心がけています。もし将来的に電車通勤になったら曲を聴きながらブログを書くと思います。

安倍総理は生涯現役社会を明言されました。一生働き続けるのは絶対に嫌なのでその時のことは以前記事にさせていただいています。 ...

スキマ時間③工夫次第で無限大

スキマ時間というのはなさそうで結構あるものです。私は基本的に昼休みにブログを書くのが性に合っていますが,他にもトイレ中だったり,お風呂の中だったり,テレビCM中とかいくらでもあります。意識してみるとそういう細かいスキマ時間が結構あることに気付けます。さすがに勤務中は無理だろうと思いきや,自分が発言するわけでもなく,参加してもしなくても変わらないけど参加必須なしょうもない会議というものは結構あるものです。本来は別の業務をしたいところですが,おおっぴらにPCを開くわけにもいかず手持無沙汰になりがちです。そんな時は次はブログにどんなことを書こうかや文章の構成について考えたりしています。無駄な会議の時間が一転して有意義な時間に早変わりです。

別に副業をするのに趣味の時間や自由時間を削ることなないと思います。休日の午前中にダラダラ寝ていたのを早起きしてみるだけでも簡単に空き時間は生まれます。朝の時間は特に頭がさえているので,文章を書くのに適しています。副業はブログだけではないですが,携帯やパソコン1つで誰でもノーリスクでできるので手始めにはおすすめと思います。

まだ8月の終わりですが,今日ローソンでおでんが発売されているのを見かけました。まだまだ残暑が厳しいですが,これから日に日に寒...
スポンサーリンク

↓ついでにブログ村のバナーもクリックいただけるともっとモチベーションアップにつながります^^
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする