ビジネスラウンドテーブルの宣言文はやはり長期投資家に朗報だったことが判明

先日ビジネスラウンドテーブルが株主第一主義を見直すという宣言文を発表しました。この宣言文にはビジネスラウンドテーブルに所属する192名の会員ほとんど全てである181名のCEOが署名しています。

株主優先主義が見直されたが,長期投資家にとってはむしろ朗報か ビジネス・ラウンドテーブル(business roundtable)はこれま...

声明文の中では,これまでの株主利益に追及ではなく,顧客(customers)、従業員(employees)、サプライヤー(suppliers)、地域社会 (communities)、株主(shareholders)5つの全てのステークホルダーに利益をもたらすように目的を変更すると述べられています。

具体的には「従業員に対する公正な給与や「重要な手当」を提供すること」、「地域社会の支援」、「サプライヤーに対する倫理的態度」等が挙げられるそうです。この宣言文ですが,表面だけ見ると,株主還元をおろそかにしてほかのステークホルダーを大事にしますという風にも見えますがよく読んでみると違うと思われます。

少し調べてみたらこの宣言文には元ネタがあってそれはジョンソンエンドジョンソンに70年以上前から伝わるアワクレド(我が信条)です。

少し長いですがアワクレド(我が信条)の全文を紹介します。

アワクレド(我が信条)

我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行うすべての活動は質的に高い水準のものでなければならない。適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げる努力をしなければならない。顧客からの注文には、迅速、かつ正確に答えなければならない。我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

我々の第二の責任は全社員ー世界中で共に働く男性も女性も―に対するものである。社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。社員は安心して仕事に従事できなければならない。待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。社員が家族に対する責任を十分果たすことができるよう、配慮しなければならない。社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。能力ある人々には、雇用。能力開発及び昇進の機会が平等に与えられなければならない。我々は有能な管理者を任命しなければならない。そして、その行動は公正、かつ同義にかなったものでなければならない。

我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、更には全世界の共同社会に対するものである。我々は良き市民として有益な社会事業および福祉に貢献し、適切な租税を負担しなければならない。我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する活動に参画しなければならない。我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。

我々の第四の、そして最後の責任は、会社の株主に対するものである。事業は健全な利益を生まなければならない。我々は新しい考えを試みなければならない。研究開発は継続され、革新的な企画は開発され、失敗は償わなければならない。新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品を市場に導入しなければならない。逆境の時に備えて蓄積を行わなければならない。これらすべての原則が実行されて初めて、株主は正当な報酬を享受することが出来るものと確信する。

(ジョンソンエンドジョンソンのHPより)

アワクレドはビジネスラウンドテーブルが今回発表した宣言文ととてもよく似ています。アワクレドを見ると株主は第一から第三(顧客、社員、地域)への原則が実行されて初めて正当な報酬を受け取ることが出来るとあるので株主の利益は後回しのようにも読めますが,ジョンソンエンドジョンソンの5年、10年、15年リターンはS&P500のリターンを全て上回っています。

ジョンソンエンドジェンソンは長期投資家に優れたリターンをもたらす優良銘柄です。実際米国株投資にも人気の銘柄です。

というわけで,一見するとビジネス・ラウンドテーブルの宣言は株主利益を軽視したように見えますが,ジョンソンエンドジョンソンがそうであるように,宣言を守ることで長期的には投資家に素晴らしいリターンを与えてくれるでしょう。

ただ肝心のジョンソンエンドジョンソンが最近アワクレドを守れているかどうかは注意する必要があります。直近勃発しているオピオイド問題では対応の遅れが指摘されており,ベビーパウダー問題では事前にアスベストが混入していたことを知っていたのではないかという疑惑がかかっています。(ジョンソンエンドジョンソンは否定していますが)

ジョンソンエンドジョンソンがこれからも優良銘柄であるかはアワクレドをきちんと守れているかにあるので,ホルダーはその動向を注視する必要があるでしょう。

ベビーパウダーの原料タルクに含まれるアスベストを精度よく分析することは困難 ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】の株価が暴落しています。理...
スポンサーリンク

↓JNJ欲しいけど高い!と思う方は応援クリックお願いします。自分の働いている会社がアワクレドを守れていると思う人もクリックお願いします。コンプライアンス違反をしている企業に勤めている人は転職活動をしてください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓Betmobは投資記事に特化したまとめサイトになります。こちらも応援クリックお願いします。

スポンサーリンク
関連広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする